ブログ

グループホーム(共同生活援助)の報酬について

現在、厚生労働省 障害保健福祉部が実施する検討会等において、令和6年度の報酬改定に向けた議論が進められています。
令和6年度の障害福祉サービス等報酬改定を前に、改めて現状の“グループホーム(共同生活援助)”の報酬について確認いたしましょう。

障害福祉サービス施設の報酬

障害福祉サービス施設の指定事業所となると、毎月の請求により国から給付金が支給されます。
給付金は、障害福祉サービスの種類や利用者数、施設を置く地域(地域区分単価)などにより変わります。
この得られる給付金が障害福祉サービス施設の報酬、つまり売上となります。
この報酬には、基本報酬と加算があり、それぞれ基準となる単価が定められています。

 

給付金計算方法

(基本報酬単価+加算)×地域区分単価 となります。
※地域区分単価は、障害福祉サービスの種類、施設を置く地域によって異なります。

地域区分単価:グループホーム(共同生活援助)の場合
1級地:11.60円 2級地:11.28円 3級地:11.20円 4級地:10.96円 5級地:10.80円 6級地:10.48円 7級地:10.24円 その他:10円

1級地は、東京都23区となります。
茨城県では、牛久市が4級地、水戸市や日立市などが5級地、わたしの事務所のある茨城県神栖市はその他となっております。
障害福祉サービス施設の開業に際しては、施設を置く地域の検討も重要となります。

 

グループホーム(共同生活援助)の報酬単価

ここから障害福祉サービス“グループホーム(共同生活援助)”の報酬単価についてみていきます。
※参照:障害者総合支援法 事業者ハンドブック 2023年度版 

基本報酬

【1】介護サービス包括型共同生活援助サービス費

●日中の就労または就労継続支援等のサービスを利用している障害者に対して、地域生活を営む住居において、日常生活上の訓練、介護等のサービスを提供する場合の報酬単価

イ.共同生活援助サービス費(Ⅰ):世話人の配置(4:1以上)
(1)障害支援区分6 : 667単位/日
(2)障害支援区分5 : 552単位/日
(3)障害支援区分4 : 471単位/日
(4)障害支援区分3 : 381単位/日
(5)障害支援区分2 : 292単位/日
(6)障害支援区分1以下 : 243単位/日

ロ.共同生活援助サービス費(Ⅱ):世話人の配置(5:1以上)
(1)障害支援区分6 : 616単位/日
(2)障害支援区分5 : 500単位/日
(3)障害支援区分4 : 421単位/日
(4)障害支援区分3 : 331単位/日
(5)障害支援区分2 : 243単位/日
(6)障害支援区分1以下 : 198単位/日

ハ.共同生活援助サービス費(Ⅲ):世話人の配置(6:1以上)
(1)障害支援区分6 : 583単位/日
(2)障害支援区分5 : 467単位/日
(3)障害支援区分4 : 387単位/日
(4)障害支援区分3 : 298単位/日
(5)障害支援区分2 : 209単位/日
(6)障害支援区分1以下 : 170単位/日

二.共同生活援助サービス費(Ⅳ):体験利用
(1)障害支援区分6 : 697単位/日
(2)障害支援区分5 : 582単位/日
(3)障害支援区分4 : 501単位/日
(4)障害支援区分3 : 411単位/日
(5)障害支援区分2 : 322単位/日
(6)障害支援区分1以下 : 272単位/日

※生活支援員の配置基準(常勤換算)
障害支援区分6 : 2.5:1以上
障害支援区分5 : 4:1以上
障害支援区分4 : 6:1以上
障害支援区分3 : 9:1以上

 

【2】日中サービス支援型共同生活援助サービス費

●重度の障害者等に対して常時の支援体制を確保する日中サービス支援型共同生活援助サービスについての報酬単価

イ.日中サービス支援型共同生活援助サービス費(Ⅰ):世話人の配置(3:1以上)
(1)障害支援区分6 : 1105単位/日
(2)障害支援区分5 : 989単位/日
(3)障害支援区分4 : 907単位/日
(4)障害支援区分3 : 650単位/日

ロ.日中サービス支援型共同生活援助サービス費(Ⅱ):世話人の配置(4:1以上)
(1)障害支援区分6 : 1021単位/日
(2)障害支援区分5 : 904単位/日
(3)障害支援区分4 : 822単位/日
(4)障害支援区分3 : 574単位/日

ハ.日中サービス支援型共同生活援助サービス費(Ⅲ):世話人の配置(5:1以上)
(1)障害支援区分6 : 969単位/日
(2)障害支援区分5 : 852単位/日
(3)障害支援区分4 : 770単位/日
(4)障害支援区分3 : 528単位/日

二.日中サービス支援型共同生活援助サービス費(Ⅳ):体験利用
(1)障害支援区分6 : 1135単位/日
(2)障害支援区分5 : 1019単位/日
(3)障害支援区分4 : 937単位/日
(4)障害支援区分3 : 677単位/日

※生活支援員の配置基準(常勤換算)
障害支援区分6 : 2.5:1以上
障害支援区分5 : 4:1以上
障害支援区分4 : 6:1以上
障害支援区分3 : 9:1以上

 

●日中サービス支援型共同生活援助サービスのうち、日中を共同生活住居以外の場所で過ごす利用者へのサービス提供についての報酬単価

イ.世話人の配置(3:1以上)
(1)障害支援区分6 : 910単位/日
(2)障害支援区分5 : 793単位/日
(3)障害支援区分4 : 712単位/日
(4)障害支援区分3 : 563単位/日
(5)障害支援区分2 : 414単位/日
(6)障害支援区分1以下 : 360単位/日

ロ.世話人の配置(4:1以上)
(1)障害支援区分6 : 826単位/日
(2)障害支援区分5 : 709単位/日
(3)障害支援区分4 : 627単位/日
(4)障害支援区分3 : 486単位/日
(5)障害支援区分2 : 337単位/日
(6)障害支援区分1以下 : 292単位/日

ハ.世話人の配置(5:1以上)
(1)障害支援区分6 : 774単位/日
(2)障害支援区分5 : 657単位/日
(3)障害支援区分4 : 575単位/日
(4)障害支援区分3 : 440単位/日
(5)障害支援区分2 : 292単位/日
(6)障害支援区分1以下 : 252単位/日

二.体験利用
(1)障害支援区分6 : 940単位/日
(2)障害支援区分5 : 824単位/日
(3)障害支援区分4 : 742単位/日
(4)障害支援区分3 : 590単位/日
(5)障害支援区分2 : 441単位/日
(6)障害支援区分1以下 : 387単位/日

※生活支援員の配置基準(常勤換算)
障害支援区分6 : 2.5:1以上
障害支援区分5 : 4:1以上
障害支援区分4 : 6:1以上
障害支援区分3 : 9:1以上

 

【3】外部サービス利用型共同生活援助サービス費

(1)世話人の配置(4:1以上) : 243単位/日
(2)世話人の配置(5:1以上) : 198単位/日
(3)世話人の配置(6:1以上) : 170単位/日
(4)世話人の配置(10:1以上): 114単位/日
(5)体験利用の場合 : 272単位/日

 

 

加算の種類

障害福祉サービス施設の報酬には、上記基本報酬の他に加算があります。
“グループホーム(共同生活援助)”には、以下の様な加算があります。

  • 福祉専門職員配置等加算
    イ.福祉専門職員配置等加算(Ⅰ):10単位/日
    ロ.福祉専門職員配置等加算(Ⅱ):7単位/日
    ハ.福祉専門職員配置等加算(Ⅲ):4単位/日
  • 視覚・聴覚言語障害者支援体制加算:41単位/日
  • 看護職員配置加算:70単位/日
  • 夜間支援等体制加算
    イ.夜間支援等体制加算(Ⅰ):※
    ロ.夜間支援等体制加算(Ⅱ):※
    ハ.夜間支援等体制加算(Ⅲ):10単位/日
    二.夜間支援等体制加算(Ⅳ):※
    ホ.夜間支援等体制加算(Ⅴ):※
    へ.夜間支援等体制加算(Ⅵ):※
    ※夜間支援対象利用者の数、障害支援区分により変動
  • 夜間職員加配加算:149単位/日
  • 重度障害者支援加算
    イ.重度障害者支援加算(Ⅰ):360単位/日
    ロ.重度障害者支援加算(Ⅱ):180単位/日
  • 医療的ケア対応支援加算:120単位/日
  • 日中支援加算
    イ.日中支援加算(Ⅰ):270~539単位/日
    ロ.日中支援加算(Ⅱ):135~539単位/日
  • 自立生活支援加算:500単位/回
  • 入院時支援特別加算:561~1122単位/回
  • 長期入院時支援特別加算:122~150単位/日
    ※外部サービス利用型共同生活援助に関しては、加算の値が異なります。
  • 帰宅時支援加算:187~374単位/回
  • 長期帰宅時支援加算:40~50単位/日
    ※外部サービス利用型共同生活援助に関しては、加算の値が異なります。
  • 地域生活移行個別支援特別加算:670単位/日
  • 精神障害者地域移行特別加算:300単位/日
  • 強度行動障害者地域移行特別加算:300単位/日
  • 強度行動障害者体験利用加算:400単位/日
  • 医療連携体制加算
    イ.医療連携体制加算(Ⅰ):32単位/日
    ロ.医療連携体制加算(Ⅱ):63単位/日
    ハ.医療連携体制加算(Ⅲ):125単位/日
    二.医療連携体制加算(Ⅳ):400~800単位/日
    ホ.医療連携体制加算(Ⅴ):500単位/日
    へ.医療連携体制加算(Ⅵ):100単位/日
    ト.医療連携体制加算(Ⅶ
    ):39単位/日
  • 通勤者生活支援加算:18単位/日
  • 福祉・介護職員処遇改善加算
    イ.福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅰ):所定単位数の8.6%
    ロ.福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅱ):所定単位数の6.3%
    ハ.福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅲ):所定単位数の3.5%
    ※外部サービス利用型共同生活援助に関しては、加算の値が異なります。
  • 福祉・介護職員等特定処遇改善加算
    イ.福祉・介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ):所定単位数の1.9%
    ロ.福祉・介護職員等特定処遇改善加算(Ⅱ):所定単位数の1.6%
  • 福祉・介護職員等ベースアップ等支援加算:所定単位数の2.6%

 

報酬の計算例

それでは、下記の“グループホーム(共同生活援助)”施設を例に報酬額を計算してみましょう!

  • “グループホーム(共同生活援助)”施設 「フレンディ(仮名)」:介護サービス包括型
  • 所在地:茨城県水戸市(地域区分5級地) ※地域単価 10.80円
  • 定員:7人
  • 障害支援区分4の利用者2人と障害支援区分3の利用者5人が居住
  • 人員配置: 5:1以上
    介護サービス包括型共同生活援助サービス費(Ⅱ):世話人の配置(5:1以上)
    区分4 : 421単位/日
    区分3 : 331単位/日
  • 夜間支援従事者1日1人
  • 常勤の生活支援員の1人が社会福祉士の資格を有している
  • 夜間支援等体制加算(Ⅰ)
    夜間支援利用者:7名
    区分4 : 192単位/日
    区分3 : 160単位/日
  • 福祉専門職員配置等加算(Ⅰ):10単位/日
  • 福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅱ):所定単位数の6.3%
  • 福祉・介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ):所定単位数の1.9%

【報酬計算】
(a)基本報酬
区分4 421単位/日×2人
区分3 331単位/日×5人
(b)夜間支援等体制加算(Ⅰ)
区分4 192単位/日×2人
区分3 160単位/日×5人
(c)福祉専門職員配置等加算(Ⅰ)
10単位/日×7人

→区分4:(a)421単位+(b)192単位+(c)10単位=623単位/日
→区分3:(a)331単位+(b)160単位+(c)10単位=501単位/日

(d)福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅱ)
基本報酬+加算の6.3%
(e)福祉・介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)
基本報酬+加算の1.9%

→区分4:623単位+623単位×((d)6.3%+(e)1.9%)=674単位/日
→区分3:501単位+501単位×((d)6.3%+(e)1.9%)=542単位/日

⇒674単位×区分4利用者2人+542単位×区分3利用者5人=4,058単位/日

この施設の地域単価(地域区分5級地=10.80円)より、
⇒4,058単位/日×10.80円(地域単価 )=43,826円/日

この施設が1か月=30日稼働して、
➡43,826円/日×30日(1か月)=1,314,780円/月
この施設の同月の報酬は、1,314,780円となります。

このように“グループホーム(共同生活援助)”施設の報酬は計算されます。
基本報酬は、利用者1人当たりの世話人の数や利用者の障害支援区分によって変わります。
但し、障害支援区分が高くなると、生活支援員が必要であり、サービスの提供も増えるかもしれません。
利用者の障害支援区分とサービスの提供を行う上での人員バランスをしっかりと考慮しなければいけません。

 

障害福祉サービス “グループホーム(共同生活援助)” の報酬(売上)を上げる為には、基本報酬を上げると共にいかに加算を加えていくことが出来るかが重要となります。
但し、やみくもに加算を増やし、従業員の負担を増やし、利用者へのサービスを低下させてしまっては意味がありません。
施設運営の向上、利用者へのサービス向上、従業員のモチベーションの向上などが得られる様に加算を加えることが大切ですね!

 

当事務所では、グループホーム(共同生活援助)の障害福祉サービス施設の運営サポートを行っております。
お困りごとなどございましたら、お問い合わせください。
お問い合わせはこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る